司法試験予備試験 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/29 19:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
鬼頭政人さん
  • 情報提供あなたは過去問フリーク?マニア?収集家? 弁護士鬼頭政人の勉強法ブログ〜司法試験&予備試験〜鬼頭政人さんのプロフィール
  • こんにちは、過去問が大好きな鬼頭です。 過去問学習の重要性は、いかなる勉強法の本でも言われていることですし、私自身も、資格試験などの試験学習にとっては最も重要である、と言っています。 では、どのくらい過去問をやり込む必要があるのか?ということをお話ししたいと思います。 ポイントは2つ。 1 なるべく多くの過去問をやる 1つ目は、なるべく多くの過去問をこなすことです。 やり込む、という場合、量はまず最初に

2位
豊田浩己(資格スクエア)さん
  • 情報提供論文試験当日に潜むリスク 予備試験に安全圏で合格する方法豊田浩己(資格スクエア)さんのプロフィール
  • 今回は、「論文試験当日に潜むリスク」と題してブログを書きます。 1 本試験当日に気付いたリスク(選択科目編) 私自身新司法試験の環境法論文試験で、形式的には完成答案になっていますが、実質途中答案になってしまうという経験をしました。 これは事前に選択科目特有の答案構成を意識していれば防げた失敗談ですので、これから詳しくブログを書きたいと思います。 試験に合格できたからよかったものの、これは私が答練を受け

3位
mechantさん
  • 情報提供近況 真偽不明mechantさんのプロフィール
  • 仕事でばたばたと忙しく、ブログは放置気味となっていました。調査の仕事に復帰したため、以前より勉強時間が取れない状況が続いています。もちろん勉強は続けていますが、当初の予定からはずいぶん後れを取っている状態です。それから、今月末に引っ越すことになりました!引越し先は都内からはちょっと遠くなって、今の場所よりやや北の川越です。今週末にひとりで引越し作業を行う予定です。今の場所は何の楽しみもないところだ
4位 鬼頭政人さん
  • 情報提供授業を聞くのは勉強ではない 弁護士鬼頭政人の勉強法ブログ〜司法試験&予備試験〜鬼頭政人さんのプロフィール
  • さて、刺激的なタイトルではじめました。 高校までの学習スタイルは、 授業を聞く ⇒ 宿題をやる ⇒ 授業を聞く ⇒ いずれ中間、期末テスト みたいな感じでした。 大学だと 授業を聞く ⇒ 期末テスト ですね。だいたいの場合。 こうなると、「授業を聞く」というのが勉強の重要部分であると考えてしまいますよね。 実際、高校の授業というのは数千時間ありますし、その間ずっと椅子に座っているわけですから、そう考えるの
5位 gochさん
  • 情報提供司法試験に向けて 東大(伊藤塾)東大ローアガルート予備試験司法試験gochさんのプロフィール
  • お久しぶりです。gochです。 そろそろ模試が返却される時期でしょうか。 模試の結果に一喜一憂するのはナンセンスですが,真摯に受け止める必要はあると思います。 特に,受験生の平均を割っている科目については,その原因を分析しましょう。 基本的知識が足りなかったのか,問題文の読み間違いをしてしまったのか,書き方がまずかったのか,それぞれの原因ごとに対策は異なります。 司法試験は迫って
6位 豊田浩己(資格スクエア)さん
  • 情報提供環境法は、受験生の噂どおり、本当に学習時間は短かくてすむか? 予備試験に安全圏で合格する方法豊田浩己(資格スクエア)さんのプロフィール
  • 今回は、「環境法は、受験生の噂どおり、本当に学習時間は短かくてすむか?」と題してブログを書きます。 それと、「試験直前にやっておきたいこと」も補足して書きます。 他の人から噂で聞いたところによると、環境法は1週間程度で終わるなどと言われることがあるようです。 そこで、環境法は、本当に学習時間は短かくて大丈夫かという点について、あくまで私の個人の考えを書きます。 1 環境法は、本当に学習時間は短かくて大
7位 近江直樹さん
  • 情報提供野村の名言に学ぶ試験突破術 フリーライター近江直樹のブログ〜資格取得の達人〜近江直樹さんのプロフィール
  • 楽天の元監督、野村克也氏は、数々の名言を残しています。その中から、試験突破にも、活かせる名言を集めてみました。なお、野村の名言は、「NAVERまとめ ☆心に残る☆知将、野村克也の名言集」・「名言DB 野村克也の名言 格言」からの出典です。「失敗した選手でも、こいつは我慢したら働く、伸びてくると思えば辛抱します。三振して帰ってくる選手の顔をじっと見てみると、悔しい顔をして帰ってくる若い子は見込みがあり
8位 孫子で極める勉強法さん
  • 情報提供勉強時間 孫子で極める勉強法孫子で極める勉強法さんのプロフィール
  • 合格に必要な勉強時間 私は、この議論が好きではありません。 勉強が具体的にどのような行為なのか、誰も曖昧なままに「勉強時間」が〇〇時間必要などと言っても、あまり意味がない気がするからです。 どうも、勉強時間が〇〇時間必要といった話は、自分が我慢しなければいけない苦労・苦痛の量というイメージが強いような気がするのです。 重要なことは、苦労・苦痛を伴うことではなく、「問題を見る」「正解を考える」「正解
9位 鬼頭政人さん
  • 情報提供模擬試験が担う3つの機能 弁護士鬼頭政人の勉強法ブログ〜司法試験&予備試験〜鬼頭政人さんのプロフィール
  • 今日も勉強お疲れ様です。 模擬試験のシーズンですね。すでに受け終わった方も、これから受ける、という方もいると思います。 皆さんは模擬試験の機能をなんだと思いますか? 模擬試験の機能は大きく分けて以下の3つになります。 1 他人との比較 2 本試験のリハーサル 3 モチベーション向上 1 他人との比較 これはいわずもがな、模擬試験は、全く同じ時間で、同じ問題を、同じ年度の試験を受ける受験生と一緒に受験するも
10位 豊田浩己(資格スクエア)さん
  • 情報提供選択科目の環境法の学習の仕方について 予備試験に安全圏で合格する方法豊田浩己(資格スクエア)さんのプロフィール
  • 今回は、「選択科目の環境法の学習の仕方について」ブログを書きます。 前回のブログで、試験範囲を確認しましたが、今回は環境法の試験範囲を踏まえて、各科目の学習のイメージを書いていきます。 1 環境法の試験範囲と学習の仕方のイメージ (1)おおむね、以下のとおりです。 ① 環境基本法 ⇒全体構造 重要条文の意味と、その条文の他の環境法令との関係性 ② 環境影響評価法 ⇒ 全体構造 過去既出の条文 過去問 その
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 孫子で極める勉強法さん
  • 情報提供結局、資格試験の勉強をするべきなのか? 孫子で極める勉強法孫子で極める勉強法さんのプロフィール
  • 前回の記事について、思ったのですが、例えば、司法試験のような難しい試験であれば、「五者」を比較すれば、社会人で働きながら勉強する人は、普通にロースクールとか行っている受験生と比べて、どう考えても不利なような気がします。 すなわち、働きながら司法試験目指すなんて分が悪いから止めておきな。というメッセージにも捉えることができそうです。 本当にそうでしょうか? たしかに、不利な面はたくさんあります。 し
12位 至勢君さん
  • 情報提供最判H290321 至誠君の喜怒哀楽至勢君さんのプロフィール
  • 「地方公務員災害補償法の定める遺族補償年金制度は,憲法25条の趣旨を実現するために設けられた社会保障の性格を有する制度というべきところ,その受給の要件を定める地方公務員災害補償法32条1項ただし書の規定は,妻以外の遺族について一定の年齢に達していることを受給の要件としているが,男女間における生産年齢人口に占める労働力人口の割合の違い,平均的な賃金額の格差及び一般的な雇用形態の違い等からうかがえる妻
13位 おーらさん
14位 孫子で極める勉強法さん
  • 情報提供「勉強」の再定義 孫子で極める勉強法孫子で極める勉強法さんのプロフィール
  • 「勉強」ってなんでしょうか。 広辞苑によると 1.精を出してつとめること。 2.学問や技術を学ぶこと。さまざまな経験を積んで学ぶこと。   「数学を勉強する」「何事も勉強だ」 3.商品をやすく売ること。「お値段は勉強しときます」 だそうです。 個人的には、この定義は好きではありません。 なぜなら、「勉強」には、「苦労する」、「辛いけれど頑張る」といったニュアンスが多分に込められているからです。 さ
15位 至勢君さん
  • 情報提供制限規定と保護規定の違いかな。 至誠君の喜怒哀楽至勢君さんのプロフィール
  • どうも、最判H290321がまだ気になる。この事案の第1審は違憲無効判決を出している。私もブログしたとき、というかこの判決を初読みした時は、国籍法の一部違憲判決が浮かんで、違和感を持った。今日、もう一度判決を読んで、「あれ?」と思ったことがある。「妻以外の遺族について一定の年齢に達していることを受給の要件としているが,」⇒「妻について一定の年齢に達していることを受給の要件としないことは,上告人に対
16位 近江直樹さん
  • 情報提供暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上 フリーライター近江直樹のブログ〜資格取得の達人〜近江直樹さんのプロフィール
  • {暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上}とのニュースがありました。{中国人女性(57)を殴ったとして暴行罪に問われた中国人の元女性従業員(52)に、東京地裁(三上孝浩裁判官)が昨年10月、無罪判決(求刑・罰金15万円)を言い渡していたことが分かった。法廷で経営者の無料通信アプリ「LINE(ライン)」を検証した結果、客も巻き込んで事件をでっち上げていた可能性が浮上し、暴行を認める証拠がないと
更新時刻:17/03/29 19:30現在