総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    変な人ばっかり

    昨晩の深夜、誰かに玄関の扉をノックされた。真夜中に訪ねてくるようなお客の予定もない。そんな友人はいない。一瞬こちらが何かご迷惑をかけて苦情言いに来たのかとも思…

    むきぱんだ

    むきぱんだ

  • 2位

    私の紹介する方法で年100万、それ以上の投資方法とは?

    どうもどうも。 今回は主に10代〜20代向けに最強の投資方法についてです。 ブログの固定記事で年間100万相当を獲得する方法について書いております。 が、それ以上の投資方法があります。 自分自身にお金・時間を投資する「自己投資」です。 自己投資とは何か 自己投資とは「あなた自身にお金と時間を使い、利益を生み出す力を付ける投資」のことです。 読書やセミナーへの出席で知識やノウハウを獲得したり、英会話教室に通ったり、資格を取得したりして、自分の力を高めていくものですね。 ここでいる、もちろん利益はお金という意味だけではありません。ジムで鍛えて健康体を手に入れたり、スキンケアサプリでお肌ツルツルにしたり、異性にモテる方法を学んだりといった「自分を高めることで精神的にも豊かになる」ことを含みます。 特に10代20代から自己投資をすることで、30代から一気に開花していくものです。 これは若いときはまだ意識や考え方を柔軟に変えられるからです。 逆に会社で長い間働いていると、考え方が凝り固まったり、結婚して子どもができて身動きが取れなくなってしまう場合が多いです。 結局は会社でお金を稼ぐためには出世する必要があり、そのためには他の人と同じことをしていてはいけません。 会社に対して有益な人材として認められるためには、やはり成長しなければいけません。 最近は浪費を避けて貯金する人が多いそうですが、それは目先の利益に捕らわれていて未来が見えていません。 確かに貯金をすればその場ではお金は残ります。しかし、残るだけであって収入自体はなかなか増えていきません。 20代のうちに成長するためにお金を使っていかないと、30代になって収入に大きく影響していきます。 特に今は中間層の収差の差が広がっているので、会社の中でもいつまでも経っても給料がほとんど変わらない人と、どんどん出世して収入を伸ばす人との格差は大きいです。 20代をどう過ごすかで今後の人生が変わるということです。 若いうちから貯金をして自己投資を怠っていると、頑張った人に地位もお金も越されていきます。 自己投資をすることで、実質の年収が100万上がりますよ。 自己投資の具体例 1、資格系、転職 資格が必要な職業なども多いので、仕事に直結する仕事を取って環境を大きく変えることです。

    ころころ

    会計士が伝授!ラクラク資産運用術

  • 3位

    ハワイ往復の4万ANAマイルは誰でも毎年貯められる

    どうも、こんにちは。 今回はANAマイルを貯める方法について書いてみます。 海外旅行に毎年行きたいと思う方はたくさんいると思います。でも料金高いから躊躇してしまう・・・という方多いのではないでしょうか。 そんな方に向けて、誰でもハワイ往復相当の航空券代をゲットできる方法を紹介します。 なぜハワイの往復航空券を無料で獲得できるのか? 例えば、スーパーで買い物をした時、すのスーパーのポイントを貯めていると無料で買い物ができることがありますよね? 行きつけのスーパーで貯まったポイントを利用することで、無料で購入できるんです。 AEONやビックカメラみたいなポイント制度が航空会社でもあります。ANAマイルやJALマイルです。マイルを貯めれば無料で航空券が購入できてしまうのです。 私がANAマイルを貯めているのでこの記事ではANAマイルに絞って説明致します。マイルの貯めやすさはANA>JALです。 ハワイの場合、40,000ANAマイルがあれば往復航空券と交換できるんです。 飛行機に乗るとマイルはどれくらい貯まるのか? 東京からニューヨーク間に搭乗して手に入るANAマイルは、6,723マイルです。 つまり、東京ハワイ往復の40,000マイル貯めるためには3往復しないといけません。 羽田‐大阪の伊丹空港の場合、片道210マイルしか貯まりません。ANAゴールドカードで支払うとボーナスマイルとクレジット決済で500マイル程度貯まりますが、40,000マイル貯めるには程遠いです。 飛行機に乗って40,000マイル貯めるには、海外出張族じゃないと無理です。誰でも毎年ハワイ航空券を無料でゲットするというこの記事の主旨には合いません。 クレジットカード決済でマイルはどれくら貯まるのか? カードによりけりですが、ANAゴールドカードだと、ポイント還元率1%で1ポイント=1マイルです。従って400万決済して40,000ANAマイルになります。 一般の人がクレジットカードで年間400万使うのはかなり困難でしょう。2〜3年かけて決済する金額じゃないでしょうか。毎年ANAマイルでハワイに行くのはクレジットカード決済だけでは難しいです。 毎年ハワイに行くマイルを貯めにはポイントサイトの利用が必須 ANAマイルを大量に貯めるにはポイントサイトの利用が必須です。

    ころころ

    会計士が伝授!ラクラク資産運用術

  • 4位

    『日商簿記検定試験1級合格者の皆様、おめでとうございます!』

    1/11でもって第150回日商簿記検定試験の1級の結果発表が完了しました。 既に合格証書を受け取った方もおられるかと思います。『1級の合格者の皆様、おめでとう…

    hamutora77

    連結会計よもやま話

  • 5位

    今日は風邪の日

    風邪、引きやすい?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 昔はとても風邪ひきやすかったです。最近はありがたいことに1年に一度引くかどうかです…

    むきぱんだ

    むきぱんだ

続きを見る

新着記事

?

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る