searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

今日の学習内容

THEME
help
今日の学習内容
テーマ名
今日の学習内容
テーマの詳細
今日の勉強範囲・学習予定・たくさんやった、やらなかったなど聞かせてください! みんなの勉強しているぞ!っていう話を聞いて試験勉強やる気を出しましょう!ジャンルは何でもOK。
テーマ投稿数
1,589件
参加メンバー
64人
管理人
明治工学管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「今日の学習内容」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「今日の学習内容 資格ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

今日の学習内容の記事

1件〜50件

  • 実は簡単⁉伝聞法則をわかりやすく解決【刑事訴訟法その15】
    2020/09/24 16:04
    実は簡単⁉伝聞法則をわかりやすく解決【刑事訴訟法その15】

    伝聞法則が意味不明です!助けてください。法上向刑事訴訟法上の最難関は伝聞法則といってよいだろう。伝聞か非伝聞かをどう考えればいいのかわかりにくいってことだね。そうなんです!何をもとにしてどうやって考えればいいのか...

    法上向

    はじめての法

  • わかりやすく!自白の論点を総まとめ【刑事訴訟法その14】
    2020/09/23 15:53
    わかりやすく!自白の論点を総まとめ【刑事訴訟法その14】

    刑事訴訟法の自白は非常に論点が多い分野だと思います。虚偽排除説・人権擁護説・違法性排除説・(任意性説)の趣旨から違法収集証拠排除法則との関係,派生証拠,反復自白,補強証拠の考え方について判例・通説の立場から簡単にまとめてみました。

    法上向

    はじめての法

  • これだけは読め!違法収集証拠排除法則の解説【刑事訴訟法その13】
    2020/09/21 12:53
    これだけは読め!違法収集証拠排除法則の解説【刑事訴訟法その13】

    違法収集証拠排除法則は違法の重大性と排除の相当性を基準に考えることを基本とします。これを押さえれば違法性承継論や毒樹の果実論の考え方もすんなり受け入れられるでしょう。また,忘れやすい違法収集証拠排除法則の根拠についても解説しました。

    法上向

    はじめての法

  • よくわかる!訴因変更の可否をわかりやすく【刑事訴訟法その12】
    2020/09/20 21:00
    よくわかる!訴因変更の可否をわかりやすく【刑事訴訟法その12】

    訴因変更の可否は,訴因変更の要否と並んで訴訟法で出やすい論点になると思います。勘違いされやすい訴因変更の要否と可否の違いを復習するとともに,刑事訴訟法312条1項の「公訴事実の同一性」の判例通説の考え方,共通性・非両立性・単一性を踏まえて解説しました。

    法上向

    はじめての法

  • よくわかる!訴因変更の要否の考え方【刑事訴訟法その11】
    2020/09/19 14:58
    よくわかる!訴因変更の要否の考え方【刑事訴訟法その11】

    訴因変更の要否は可否と間違えやすく注意が必要です。考え方は訴因の趣旨と訴訟全体の趣旨から導き出せるものなので,意外と簡単であることに気が付くと思います。つまづきやすいポイントから勘違いしやすい点などを指摘し,わかりやすい解説に努めました。

    法上向

    はじめての法

  • これで安心!訴因の特定をわかりやすくまとめてみた【刑事訴訟法その10】
    2020/09/18 12:31
    これで安心!訴因の特定をわかりやすくまとめてみた【刑事訴訟法その10】

    訴因の特定は他の犯罪事実との区別と犯罪の構成要件に該当する具体的記載という要件さえ考えれば基本的には大丈夫です。これに加えて訴因特定の趣旨と概説的記載が許されるのか,さらに裁判所の釈明の問題も取り上げました。これで訴因特定の問題は一通り確認できます。

    法上向

    はじめての法

  • 接見交通権をわかりやすく簡単に復習!【刑事訴訟法その9】
    2020/09/17 13:39
    接見交通権をわかりやすく簡単に復習!【刑事訴訟法その9】

    接見交通権(刑訴法39条1項)の問題は比較的単純でわかりやすいです。しかし,接見交通権と憲法34条の関係,接見指定(刑訴法39条3項)の問題,初回接見に絡んでの刑訴法39条3項但書の問題は意外と見落としがちなので丁寧にまとめてみました。

    法上向

    はじめての法

  • 条文から読み取れ!無令状の捜索差押え【刑事訴訟法その8】
    2020/09/16 13:48
    条文から読み取れ!無令状の捜索差押え【刑事訴訟法その8】

    逮捕に伴う無令状の捜索・差押えは緊急処分説や相当説の対立が注目されがちですが,その大前提である証拠物があることの蓋然性を捉えれば,捜索範囲以外の論点,身体捜索や第三者の身体捜索の可否,逮捕の場合,逮捕の現場の解釈は共通します。これらをわかりやすく押さえました。

    法上向

    はじめての法

  • 令状による捜索差押えをわかりやすく解説してみた【刑事訴訟法その7】
    2020/09/15 13:10
    令状による捜索差押えをわかりやすく解説してみた【刑事訴訟法その7】

    刑事訴訟法の一番の山場である,令状の捜索・差押えです。捜索差押令状の要件を押さえたうえで,事前呈示,必要な処分(刑訴111条)の問題や,捜索場所の特定,第三者・身体にまで及ぶのか,差押えの関連性や記載といった論点を認できるようにしました。

    法上向

    はじめての法

  • 別件逮捕勾留と余罪取調べの論点を解決する【はじめての刑事訴訟法その6】
    2020/09/14 13:07
    別件逮捕勾留と余罪取調べの論点を解決する【はじめての刑事訴訟法その6】

    別件逮捕勾留は本件基準説と別件基準説の対立もあり,さらに修正版や実体的に考えるものなど学説が錯綜しています。さらに余罪取調べについても取調べ受忍義務肯定説否定説や事件単位の原則から分けるものなどさまざまです。学説を絞ってわかりやすく解説しました。

    法上向

    はじめての法

  • 逮捕・勾留に関連する原理原則を一気に整理してみた【刑事訴訟法その5】
    2020/09/13 12:11
    逮捕・勾留に関連する原理原則を一気に整理してみた【刑事訴訟法その5】

    逮捕勾留についての論点は,逮捕前置主義,単位原則,一罪一逮捕一勾留の原則,さらに再逮捕再勾留の禁止の原則にあると思います。逮捕勾留の理由と必要の要件を押さえつつ,混乱の原因となる原則たちを一気にわかりやすく整理してみました。

    法上向

    はじめての法

  • 任意同行・任意取調べの問題を攻略する【刑事訴訟法その4】
    2020/09/12 16:00
    任意同行・任意取調べの問題を攻略する【刑事訴訟法その4】

    任意同行・任意取調べは,問題となる場面がわかりにくいです。しかし,考え方は分かりやすいので,一度理解すれば取組みやすい分野です。ここでは実質的逮捕かどうか,社会通念上相当性があるかといった判例から導き出せる理論に沿って解説してみました。

    法上向

    はじめての法

  • 職務質問と所持品検査を理解するための手順【刑事訴訟法その3】
    2020/09/11 14:04
    職務質問と所持品検査を理解するための手順【刑事訴訟法その3】

    職務質問やそれに付随する所持品検査は刑事訴訟法分野の一つの論点です。ここでは職務質問の停止,所持品検査の論点に絞って,不審事由といった要件充足性から強制処分かどうか,警察比例原則は守られているか,といった基礎基本的な考え方を解説しました。

    法上向

    はじめての法

  • 財産権(憲法29条)について違憲審査基準で考える【憲法その10】
    2020/09/06 19:03
    財産権(憲法29条)について違憲審査基準で考える【憲法その10】

    財産権(憲法29条)についての問題はいろいろな議論が錯綜し,どう考えればいいかわからない分野だと思います。判例では比較衡量や裁量をもとに考えていますが,ここではわかりやすさ重視で三段階審査論と違憲審査基準に沿って書いてみました。

    法上向

    はじめての法

  • 職業の自由(憲法22条1項)を目的二分論とともに考える【憲法その9】
    2020/09/05 12:25
    職業の自由(憲法22条1項)を目的二分論とともに考える【憲法その9】

    憲法22条1項の職業の自由は薬事法判決があるのである程度確立された考え方があります。その考え方を三段階審査論と違憲審査基準に落とし込めました。また,その考えの中心となる規制目的二分論について,その根本になる裁量という考え方からまとめています。

    法上向

    はじめての法

  • 集会・デモ行進とパブリックフォーラムの問題について解説【憲法その8】
    2020/09/04 17:03
    集会・デモ行進とパブリックフォーラムの問題について解説【憲法その8】

    集会やデモ行進では積極的表現の自由が問題となりますが,侵害給付二元論によれば保障されません。しかし,パブリックフォーラム論によれば保障を導くことができます。泉佐野市民会館事件を参考に集会・デモの問題の考え方をわかりやすく解説してみました。

    法上向

    はじめての法

  • 表現の自由を理解すれば答案の書き方がわかる【憲法その7】
    2020/09/03 13:02
    表現の自由を理解すれば答案の書き方がわかる【憲法その7】

    表現の自由は憲法上もっとも論点の多い分野だと思います。しかし,逆に言えば表現の自由の考え方を押さえれば三段階審査論,違憲審査基準の考え方をマスターすることができます。ここでは問題になりやすい,検閲,自己実現,自己統治,思想の自由市場などをまとめました。

    法上向

    はじめての法

  • 目的効果基準論とは何か?政教分離をわかりやすく【憲法その6】
    2020/09/02 19:24
    目的効果基準論とは何か?政教分離をわかりやすく【憲法その6】

    法上向政教分離の問題を解くときに使うのは?目的効果基準論ですか?けど,たしか目的効果基準論をとらない判例も出ていますよね。結局どうすればいいのか,わかりません。法上向そうだね,ここは学説でもいろいろな意見があ...

    法上向

    はじめての法

  • 信教の自由・宗教の自由(憲法20条)を理論的に解説【憲法その5】
    2020/08/30 11:37
    信教の自由・宗教の自由(憲法20条)を理論的に解説【憲法その5】

    法上向信教の自由,宗教の自由(憲法20条)についてみていこうか。信教の自由が問題になる判例ってありましたっけ?法上向実は信教の自由が単純に問題になる重要判例は少ないんだ。むしろ政教分離の方が重要だな。今回は単...

    法上向

    はじめての法

  • 複雑な思想良心の自由(憲法19条)を一挙に整理してみた【憲法その4】
    2020/08/29 15:31
    複雑な思想良心の自由(憲法19条)を一挙に整理してみた【憲法その4】

    思想良心の自由は細かい論点が豊富です。そのため,どれを軸としてどのように考えていけばよいか迷子になってしまうことがよくあります。ここでは学説上の通説を捉えて,論点を一挙に総復習できるようわかりやすさ第一で解説してみます。

    法上向

    はじめての法

  • 幸福追求権の憲法13条をわかりやすく攻略【憲法その2】
    2020/08/24 09:46
    幸福追求権の憲法13条をわかりやすく攻略【憲法その2】

    はじめての憲法人権シリーズとして,憲法13条の幸福追求権について三段階審査論と違憲審査基準論で解説してみました。プライバシー権は厳格審査基準を用い,新しい人権は緩やかな審査基準を用いるというのが基本です。その背景となる考え方もまとめています。

    法上向

    はじめての法

  • 難点をわかりやすく!新株発行無効の訴えの問題【会社法その13】
    2020/08/22 16:31
    難点をわかりやすく!新株発行無効の訴えの問題【会社法その13】

    新株発行無効の訴えは会社法828条1項2号の条文にも無効事由が書かれていないため,無効事由を覚える必要がある論点となります。しかし,無効事由は非常に単純で公開会社と非公開会社の違いさえ意識できれば覚えやすいです。そんな無効事由についてまとめてみました。

    法上向

    はじめての法

  • 新株発行差止めの論点を初心者にもわかりやすく!【会社法その12】
    2020/08/21 09:14
    新株発行差止めの論点を初心者にもわかりやすく!【会社法その12】

    会社法の最大の難しい論点は新株発行です。わかりやすさを第一に解説してみました。とはいえ,仕組みや手続を理解していないと訳が分からないと思うのでその解説は厚くしました。あとは論点になりやすい部分のみを簡潔にまとめています。

    法上向

    はじめての法

  • 【騙されるな】法科大学院・司法試験のデータをちゃんと解説してみた!
    2020/08/18 09:58
    【騙されるな】法科大学院・司法試験のデータをちゃんと解説してみた!

    司法試験合格については様々な指標があるため,それらを正確に把握することは難しいと思います。そのため,ここではデータに騙されないことを意識し,既習ルートを中心とした司法試験合格率,法科大学院別合格率のデータを解説していきたいと思います。

    法上向

    はじめての法

  • はじめての民法総則③錯誤
    2020/08/05 08:43
    はじめての民法総則③錯誤

    民法改正により錯誤の規定は大きく変わりました。1号錯誤と2号錯誤の違いから,条文を丁寧に追っていけば改正後も対応できると思います。動機の錯誤は民法の最初の山場ですが,わかりやすく解説していきます!

    法上向

    はじめての法

  • 不真正不作為犯の検討ポイントをわかりやすく解説してみた【刑法総論その12】
    2020/08/03 18:22
    不真正不作為犯の検討ポイントをわかりやすく解説してみた【刑法総論その12】

    不真正不作為犯は刑法総論の中でも独自の分野であり,法律に要件は書かれていません。しかし,なぜ不真正不作為犯を罰するのかを理解すると要件や検討ポイントが理解しやすくなると思います。作為義務については,排他的支配,先行行為,保護の引受けを中心にまとめました。

    法上向

    はじめての法

  • 誤想防衛や誤想過剰防衛の問題を簡単に解決する方法【刑法その11】
    2020/08/02 19:47
    誤想防衛や誤想過剰防衛の問題を簡単に解決する方法【刑法その11】

    誤想防衛と誤想過剰防衛は刑法総論上,最も難しい分野の一つであり,学説も錯綜しています。ここでは判例通説に絞りつつなぜそのように考えるのかを重視しながら考え方の手順をまとめてみました。違法性の意識の可能性という責任故意の考え方もついでに載せています。

    法上向

    はじめての法

  • 責任能力について丁寧にわかりやすく解説してみた【刑法総論その10】
    2020/08/01 09:59
    責任能力について丁寧にわかりやすく解説してみた【刑法総論その10】

    責任段階のポイントは心神喪失・心神耗弱の場合がほとんどです。しかもその場合も論点になる場合は原因において自由な行為の検討がすべてといってもいいでしょう。このことを中心に責任段階の問題(刑事未成年,心神喪失・心神耗弱,原因において自由な行為)をまとめました。

    法上向

    はじめての法

  • 実は簡単?会社法の計算分野,違法配当について解説【会社法その11】
    2020/07/31 08:14
    実は簡単?会社法の計算分野,違法配当について解説【会社法その11】

    会社法の計算分野は条文が難解で初学者にとって理解しにくい分野だと思います。ここでは最低限理解すべきことを簡単に,特に論点になりやすい違法配当の考え方をまとめました。とりあえず計算書類,事業報告,附属明細書,剰余金配当と違法配当をマスターしましょう。

    法上向

    はじめての法

  • ポイントは任意性と中止行為だけ。中止犯を簡単復習【刑法総論その9】
    2020/07/30 08:25
    ポイントは任意性と中止行為だけ。中止犯を簡単復習【刑法総論その9】

    中止犯です。中止犯は未遂が前提となっています。未遂が前提ということは不能犯,未遂犯とのつながりがあるということです。要件は中止行為,任意性が中心になってくると思います。刑法43条ただし書を押さえつつ,要件に沿ってポイントだけを簡単にまとめてみました。

    法上向

    はじめての法

  • 不能犯・未遂犯をまとめてわかりやすく解説してみた【刑法その8】
    2020/07/29 09:38
    不能犯・未遂犯をまとめてわかりやすく解説してみた【刑法その8】

    不能犯と未遂犯は別々の項で論じられることが多く,順序も未遂犯,不能犯の順になっていますが,問題を解くうえでは不能犯から未遂犯を検討すると思います。それぞれに共通する具体的危険という点を生かして今回は両者をまとめて考える方法を伝えられたらいいなーと思います。

    法上向

    はじめての法

  • 刑法37条の緊急避難を解説!要件を押さえればOK!【刑法その7】
    2020/07/28 08:45
    刑法37条の緊急避難を解説!要件を押さえればOK!【刑法その7】

    緊急避難は違法性阻却で正当防衛と並んで問題になることが多いテーマです。しかし,検討すべきポイントはそれほど多くなく要件を淡々と当てはめていくイメージがあります。刑法37条の正当防衛についてロースクール生が最低限知っておいてほしいと思うポイントをまとめました。

    法上向

    はじめての法

  • 特別の犠牲って何?憲法29条3項の損失補償を教えます!【行政法その12】
    2020/07/27 08:48
    特別の犠牲って何?憲法29条3項の損失補償を教えます!【行政法その12】

    損失補償は行政法では珍しく憲法29条3項を用いることが多いです。ここで最も重要になるのは特別の犠牲であり,この判断方法は判例だけ見てもわかりにくいものだと思います。特別の犠牲の考え方,そして完全補償説と相当補償説の対立がある補償の内容についてまとめてみました。

    法上向

    はじめての法

  • さっと確認!国家賠償法2条の公の営造物瑕疵責任【行政法その11】
    2020/07/26 08:54
    さっと確認!国家賠償法2条の公の営造物瑕疵責任【行政法その11】

    国家賠償法2条は行政法で一番わかりやすい分野だと思います。すぐに論点だけさっと確認できるような記事にしました。瑕疵が通常有すべき安全性を意味すること,機能的瑕疵も国家賠償法2条の適用範囲であることには注意が必要です。わかりやすさ第一を目指します。

    法上向

    はじめての法

  • これで解決!国家賠償法1条を簡単に【行政法その10】
    2020/07/25 08:30
    これで解決!国家賠償法1条を簡単に【行政法その10】

    国家賠償法は行政訴訟とはまた別の独特の考え方が必要な場面があります。今回は要件を中心として,職務行為基準説を中心として書いてみました。このほか議論になる点もありますが,とりあえず「はじめての方にもわかりやすく」をモットーに書きました。

    法上向

    はじめての法

  • 結局どれ使えばいい?執行停止・仮の義務付け・仮の差止め【行政法その9】
    2020/07/24 08:30
    結局どれ使えばいい?執行停止・仮の義務付け・仮の差止め【行政法その9】

    仮の救済方法は行政法では3つ用意されています。執行停止と仮の義務付け,仮の差止めです。これらは訴えの利益との関係でも非常に重要ですが,覚えるべき要件は非常に単純です。さらに使い分けも本案訴訟を考えればよくシンプルです。それぞれの要件についてわかりやすさ第一に解説してみました。

    法上向

    はじめての法

  • 当事者訴訟とは何かを「君が代訴訟」で徹底解説してみた【行政法その8】
    2020/07/23 08:39
    当事者訴訟とは何かを「君が代訴訟」で徹底解説してみた【行政法その8】

    差止訴訟と当事者訴訟を一緒に判示した君が代訴訟を中心に,今回は当事者訴訟を考えてみました。当事者訴訟は抗告訴訟とは異なり処分性がない行為を対象としている点がポイントです。確認の利益は,対象の適否,方法の適否,即時確定の利益を考えるようにしましょう!

    法上向

    はじめての法

  • 差止訴訟とは何かを「君が代訴訟」で徹底解説してみた【行政法その7】
    2020/07/22 08:45
    差止訴訟とは何かを「君が代訴訟」で徹底解説してみた【行政法その7】

    差止訴訟は判例を理解するとわかりやすくなると思います。そこでこの記事ではまず代表的な判例の君が代訴訟判決の文言を追っていき,そして要件を検討していこうと思います。はじめての行政法シリーズでは理論を推し進めてきましたが,今回は毛色をかえた判例中心の記事です。

    法上向

    はじめての法

  • 義務付け訴訟の簡単な理解の仕方。キーワードは要件【行政法その6】
    2020/07/21 08:41
    義務付け訴訟の簡単な理解の仕方。キーワードは要件【行政法その6】

    行政訴訟の義務付け訴訟です。条文が長くて難しいイメージを持たれがちですが,条文が長いのはむしろ読めばわかるということ。義務付け訴訟は要件を考えてあてはめていくだけで一定の答えがでるので初学者の学びやすい分野といえます。その点に重点をおいて,わかりやすさを第一に解説してみました。

    法上向

    はじめての法

  • 無効等確認訴訟のコツを伝授!わかりやすく理解する【行政法その5】
    2020/07/20 11:24
    無効等確認訴訟のコツを伝授!わかりやすく理解する【行政法その5】

    無効等確認訴訟は取消訴訟の検討を基本としています。それに加えてあとは重大かつ明白な違法という要件と補充訴訟の場合は補充性の要件を検討するだけです。また,補充性の検討においては直截かつ適切であれば認められる場合もあります。考え方をマスターしましょう。

    法上向

    はじめての法

  • ロー生が訴えの利益を理論的に説明してみた!【行政法その4】
    2020/07/19 09:22
    ロー生が訴えの利益を理論的に説明してみた!【行政法その4】

    行政法の訴訟要件の3つ目である訴えの利益についてです。できるだけ理論を中心にわかりやすく解説することを目指しています。ポイントは通常パターンと例外パターンがあることです。これらについて意識することで判例も読みやすくなると思います!

    法上向

    はじめての法

  • 【重要】変わるのは3つ!司法試験・予備試験制度はどう変わるのか!
    2020/07/18 08:52
    【重要】変わるのは3つ!司法試験・予備試験制度はどう変わるのか!

    司法試験制度,法曹養成制度の変更が今現在進められています。法科大学院在学中受験が可能になること,法曹コースが創設されること,予備試験の論述で一般教養科目が廃止され選択科目が入ることが主な変更点です。これらについてわかりやすく解説します!

    法上向

    はじめての法

  • 行訴法9条2項を解読せよ。原告適格の捉え方!【行政法その3】
    2020/07/17 08:37
    行訴法9条2項を解読せよ。原告適格の捉え方!【行政法その3】

    原告適格は条文に考え方が載っている珍しいパターンです。とりあえず最初のうちは条文(行政事件訴訟法9条2項)を理解しましょう。判例理解も大事ですが,はじめての行政法シリーズでは理論構築を目的とするので,今回は条文に沿ってできるだけわかりやすくそして要点だけを捉えるように解説してみました。

    法上向

    はじめての法

  • 簡単攻略!設立を理解するポイントはこれだ!【会社法その10】
    2020/07/15 08:47
    簡単攻略!設立を理解するポイントはこれだ!【会社法その10】

    会社設立は学説が多様で初学者にとっては理解しにくい分野だと思います。ここではわかりやすい学説判例に絞って解説していき,会社の設立の問題を攻略してもらうことを狙いとしています。また,発起人の責任についての考え方も条文を頼りに読み解いていこうと思います。

    法上向

    はじめての法

  • 株式の譲渡で押さえるべきポイントがまるわかり。【会社法その8】
    2020/07/12 21:13
    株式の譲渡で押さえるべきポイントがまるわかり。【会社法その8】

    株式譲渡は公開会社と非公開会社とで性格を異にします。また失念株の問題もこの点で発生します。勉強すると深い領域ですが,ここでは問題に出やすい部分を中心にわかりやすく丁寧に解説していこうと思います。

    法上向

    はじめての法

  • 取締役の第三者に対する責任の議論に終結を!わかりやすくまとめてみた【会社法その7】
    2020/07/11 22:15
    取締役の第三者に対する責任の議論に終結を!わかりやすくまとめてみた【会社法その7】

    会社法429条は議論が錯綜していますが,ここでは判例通説を取り上げできるだけわかりやすくまとめてみました。間接損害や直接損害,第三者の範囲,取締役とはだれか?名目的取締役,退任後の取締役は責任を負うか?などなどザックリと基本重視で解説しています。

    法上向

    はじめての法

  • もう迷わない。会社に対する取締役の責任の考え方をまとめます!【会社法その6】
    2020/07/10 21:41
    もう迷わない。会社に対する取締役の責任の考え方をまとめます!【会社法その6】

    会社に対する取締役の責任は会社法上の様々な場面で出てきます。しかし学説等が錯綜していてすこしわかりづらい点も多いです。ここではできるだけわかりやすく解説し,図を通してまとめてみました。目で理解することができるのでおススメです。

    法上向

    はじめての法

  • 社会福祉士国家試験おすすめ参考書「レビューブック2021」勉強の仕方
    2020/06/14 01:04
    社会福祉士国家試験おすすめ参考書「レビューブック2021」勉強の仕方

    社会福祉士国家試験おすすめ参考書 レビューブックと 勉強の仕方 もくじ おすすめの参考書 勉強の仕方 試験突破のための実践力を身に付ける方法 1.おすすめの参考書 「社会福祉士 レビューブック2021」がおすすめ 社会福祉士国家試験のためのレビューブック 2021/医療情報科学研究所【合計3000円以上で送料無料】 ポイント 数ある参考書に目を通してみました。 ここまで詳しく書いてある参考書はあまりないです。 「社会福祉士レビューブック」は ・19科目全て網羅されている 1科目50ページくらいにまとまっている 暗記しないといけないところや、要点は赤字で書かれている 科目の要点が分かりやすく書い…

    JIN

    社会福祉士JINブログ

  • 社会学の父コント 社会福祉士・精神保健福祉士試験対策!社会理論
    2020/06/14 01:04
    社会学の父コント 社会福祉士・精神保健福祉士試験対策!社会理論

    オーギュスト=コント 社会理論と社会システム 今日は社会福祉士国家試験によく出題される 社会学の分野の社会学の父「コント」について解説します コント オーギュスト-コント 【そもそもコントってどんな人?】 オーギュスト=コント(1798~1847)はフランスの七月王政期に活躍した哲学者であり、『実証哲学講義』(1830~42)を著して、実証主義哲学を確立した。そこでは人間の知性は、想像力が支配する「神学的状態」から、抽象的思惟を主とする「形而上学的状態」を通って、事物の観察を主とする最後の段階である「実証的状態」に到達する、と説かれている。そして学問の各分野は対象を異にしているが、そこで一貫し…

    JIN

    社会福祉士JINブログ

  • 児童や家庭に対する支援  社会福祉士国家試験対策  児童福祉施設の種類と目的
    2020/06/14 01:04
    児童や家庭に対する支援 社会福祉士国家試験対策 児童福祉施設の種類と目的

    社会福祉士国家試験対策【児童や家庭に対する支援】 児童福祉施設の種類と目的 ■概 要 このブログを読むメリット 児童福祉施設がどのような施設なのかを知ることができる。 社会福祉士の国家試験で児童福祉施設について解答できるようになる YouTubeでも配信していますが 視覚優位の方はこのブログでしっかりと復習してください。 【児童や家庭に対する支援】児童福祉施設の種類と目的 社会福祉士 項 目 1.児童福祉士施設とは? 2.児童福祉施設の種類 3.専門職の配置基準 4.まとめ 1.児童福祉士施設とは? 子ども関係で都道府県が設置しないといけない施設を指します。 厚生労働省令で定める基準に従い、1…

    JIN

    社会福祉士JINブログ

カテゴリー一覧
商用