TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

法律系資格 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    土曜日は学習相談

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! もうすぐ3月。 この時期は花粉症の季節でもありますよね。 今年は花粉は少ないようではありますが、花粉症に悩まされている人には、正直関係ないですよね。 特に、くしゃみは集中力にも影響します。 今のうちから、花粉症対策もしておきましょう。 では、本日の一日一論点です。(一日一論点) 所有権に関する仮登記を抹消する場合に、登記義務者の現在の住所等と登記記録上の住所等が一致しないときは、仮登記の抹消の申請情報と併せて住所等の変更を証する情報を提供すれば、仮登記の抹消の前提として、仮登記名義人の住所等の変更の登記の申請を要しない(先例昭32.6.28-1249)。 名変を省略できる例外、確認しておきましょう。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 地上権の設定請求権の仮登記の登記名義人の承諾を..

    司法書士 西垣哲也

    日進月歩 司法書士試験合格への道標

    読者になる
  • 2位

    【発売中!】ハイローヤー2020年4月号

    ハイローヤー2020年4月号 定価 本体1250円+税隔月刊「ハイローヤー」は、司法試験対策専門の雑誌です!内容は、再現答案(合格答案・不合格答案)の分析、試験直前のヤマ当て企画、司法試験実施直後の分析速報、各科目のサブノート、初学者用記事などなど、試験対策に役立

    辰已法律研究所 出版グループ

    辰已法律研究所 出版ブログ

    読者になる
  • 3位

    【アガルート】30%オフセール開催中

    現在,アガルートアカデミーが,2019年版講座の割引セールを開催しています。 司法試験・予備試験講座の多くがセール対象になっています。 しかも,その割引額が,驚きの30% OFFとなっています。

    お米ちゃん

    司法試験・予備試験応援サイト

    読者になる
  • 4位

    昨日の供託法の講義のポイント

      復習 民訴等(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日は寒かったですね。 やっぱり2月、まだまだ寒いですよね。 引き続き体調管理には気をつけましょう。 さて、そんな昨日、2月18日(火)は、供託法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義では、払渡手続の全般、消滅時効の起算点あたりを解説しました。 中でも、払渡手続は試験でもよく出題されます。 特に、印鑑証明書の添付の省略については、よく振り返っておいて欲しいと思います。 最後に解説した消滅時効の起算点は、ちょっと複雑なところがありました。 でるトコや過去問を通じて、基本的な部分を確認しておくといいと思います。 では、過去問です。 前回の講義の範囲のものも含めてピックアップしておきます。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 被供託者は、供託金の還付請求をするまでは、供託所に対してした供託受諾の..

    司法書士 西垣哲也

    日進月歩 司法書士試験合格への道標

    読者になる
  • 5位

    対応力

    みなさん、こんばんわ。 スキーシーズンも真っただ中! 寒気も入ってきて、スキー場もほっと一息… というところですかね。 しかし、残念ながら長野の飯綱高原スキー場が小雪のため シーズン半ばにして営

    まきなみ

    徒然雪

    読者になる
  • 6位

    【貿易】本当に怖い Demurrage(デマレージ) その背景とは?

    デマレージ(demurrage)をフリータイム(free time)について知りたいですか?デマレージは2倍、4倍と増え、特殊コンテナは更にその3倍と莫大な費用になります。Notify Partyの記載と電子メールでリスク低減できます。

    神高 十真

    ビジタブル -- busitable --

    読者になる
  • 7位

    映画「ハートビート」★★★★☆

    映画「ハートビート」★★★★☆,今治が大好き、食べることが大好き、本が大好き。愛媛県今治市の「箱入りオヤジ」53歳男が、妻との二人暮らしを綴るブログです。「いまばりどくしょくらぶ」よろしくお願いします・

    蛇蠍

    無学中年勉強日録

    読者になる
  • 8位

    民法 今回から物権編

      復習 民法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、2月17日(月)は、民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日で総則編も終わり、いよいよ物権編に入っていきました。 司法書士試験の民法では、この物権編から一番多く出題されます。 それだけに、確実に得点できるように、何回も繰り返して知識を確実なものにしていって欲しいと思います。 今回の講義では、物権的請求権、登記請求権、不動産物権変動と登記などを解説しました。 中でもよく出題されるのが、物権的請求権と不動産物権変動と登記ですね。 特に、不動産物権変動と登記では、~前の第三者とか、~後の第三者が出てきました。 これらの問題を解く際には、きちんと図を書いて、人物関係と時系列を整理するようにしてください。 結論自体は、わかりやすいと思いますからね。 では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)..

    司法書士 西垣哲也

    日進月歩 司法書士試験合格への道標

    読者になる