TOPICS

不動産・建築系資格 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    マンション管理士試験に合格するには?

    皆さん もう本当にマンション管理士間近ですね? 学習の追い込みの方はいかがでしょうか? 試験日は、11月24日(日)です。 可能な方は、11月22日(金)は会…

    kmnpooh3

    マンション管理士絶対合格ブログ

    読者になる
  • 2位

    いよいよマンション管理士試験間近

    皆さん 今日は11月10日です。 マンション管理士試験(11/24)まで、2週間を切りました。 やはり、あっと言う間だったかと思います。  準備万端でここまで…

    kmnpooh3

    マンション管理士絶対合格ブログ

    読者になる
  • 3位

    【民法改正対応】令和元年(2019年)問7[弁済]

    【R01-07 問題(変更なし)】 Aを売主、Bを買主として甲建物の売買契約が締結された場合におけるBのAに対する代金債務(以下「本件代金債務」という。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 [1] Bが、本件代金債務につき受領権限のないCに対して弁済した場合、Cに受領権限がないことを知らないことにつきBに過失があれば、Cが受領した代金をAに引き渡したとしても、Bの弁済は有効にならない。 [2] Bが、Aの代理人と称するDに対して本件代金債務を弁済した場合、Dに受領権限がないことにつきBが善意かつ無過失であれば、Bの弁済は有効となる。 [3] Bが、Aの相続人と称するEに対して本件代金債務を弁済した場合、Eに受領権限がないことにつきBが善意かつ無過失であれば、Bの弁済は有効となる。 [4] Bは、本件代金債務の履行期が過ぎた場合であっても、特段の事情がない限り、甲建物の引渡しに係る履行の提供を受けていないことを理由として、Aに対して代金の支払を拒むことができる。

    Harunobu

    宅建試験対策室

    読者になる
  • 4位

    ナヲ次郎twitter開始!

    いまさらながらナヲ次郎twitter始めました。

    ナヲ次郎

    55歳から資格取得を再開するぞ!

    読者になる
  • 5位

    【民法改正対応】令和元年(2019年)問6[遺産分割]

    【R01-06 問題(変更なし)】 遺産分割に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 [1] 被相続人は、遺言によって遺産分割を禁止することはできず、共同相続人は、遺産分割協議によって遺産の全部又は一部の分割をすることができる。 [2] 共同相続人は、既に成立している遺産分割協議につき、その全部又は一部を全員の合意により解除した上、改めて遺産分割協議を成立させることができる。 [3] 遺産に属する預貯金債権は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割され、共同相続人は、その持分に応じて、単独で預貯金債権に関する権利を行使することができる。 [4] 遺産の分割は、共同相続人の遺産分割協議が成立した時から効力を生ずるが、第三者の権利を害することはできない。

    Harunobu

    宅建試験対策室

    読者になる