TOPICS

不動産・建築系資格 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    LEC主要4科目実力診断模試

    昼食後に気が抜けて気分がぬるくなってしまう・・・満腹中枢が満足したためなのだろう。腹の皮が張ると目の皮が弛むという奴だ。腹七分では完全にダメ!腹五分・・・いや…

    千載一遇

    盲亀の浮木、優曇華の花

    読者になる
  • 2位

    マン管・管業試験の勉強を開始

    先ほどの記事でも書いたが、ほぼ一日中外出していたので、ネットで講義を視聴した。受験生活の初めの一歩である。 フォーサイトという資格の専門学校では、DVDと同じ…

    千載一遇

    盲亀の浮木、優曇華の花

    読者になる
  • 3位

    ブログ村への登録

    今日はほぼ一日中、外出していた。もう少ししたら、自習室以外への外出はほとんどしなくなる。ここまで追い込んで良いものなのかどうか自分の判断に全く疑問がないわけで…

    千載一遇

    盲亀の浮木、優曇華の花

    読者になる
  • 4位

    マンション管理士・管理業務主任者 受験生の皆さんへ2

    【株式会社M&Kイノベイティブ・エデュケーションのHPはこちら】 皆さん、こんにちは。平柳です。本日はマンション管理士・管理業務主任者受験生に向けての「直前応…

    ひら

    平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

    読者になる
  • 5位

    マンション管理士・管理業務主任者 受験生の皆さんへ1

    【株式会社M&Kイノベイティブ・エデュケーションのHPはこちら】 皆さん、こんにちは。平柳です。 昨日、賃貸不動産経営管理士試験を受験された皆さん、本当にお疲…

    ひら

    平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

    読者になる
  • 6位

    本試験1週間前にしておくこと

    皆さん 学習の進捗はいかがでしょうか? 今日は11月17日(日)です。 来週の今頃は、自己採点をして結果が判っていることでしょう。 今日からの残りの1週間は非…

    kmnpooh3

    マンション管理士絶対合格ブログ

    読者になる
  • 7位

    【民法改正対応】平成30年(2018年)問2[代理]

    【H30-02 問題(変更なし)】 Aが、所有する甲土地の売却に関する代理権をBに授与し、BがCとの間で、Aを売主、Cを買主とする甲土地の売買契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 [1] Bが売買代金を着服する意図で本件契約を締結し、Cが本件契約の締結時点でこのことを知っていた場合であっても、本件契約の効果はAに帰属する。 [2] AがBに代理権を授与するより前にBが補助開始の審判を受けていた場合、Bは有効に代理権を取得することができない。 [3] BがCの代理人にもなって本件契約を成立させた場合、Aの許諾の有無にかかわらず、本件契約は無効となる。 [4] AがBに代理権を授与した後にBが後見開始の審判を受け、その後に本件契約が締結された場合、Bによる本件契約の締結は無権代理行為となる。

    Harunobu

    宅建試験対策室

    読者になる
  • 8位

    マンション管理士・管理業務主任者 受験生の皆さんへ3

    【株式会社M&Kイノベイティブ・エデュケーションのHPはこちら】 皆さん、こんにちは。平柳です。本日もマンション管理士・管理業務主任者本試験に向けて頑張ってい…

    ひら

    平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

    読者になる
  • 9位

    【民法改正対応】平成30年(2018年)問1[意思表示]

    【H30-01 問題(変更あり)】 AがBに甲土地を売却した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 [1] 甲土地につき売買代金の支払と登記の移転がなされた後、第三者の詐欺を理由に売買契約が取り消された場合、原状回復のため、BはAに登記を移転する義務を、AはBに代金を返還する義務を負い、各義務は同時履行の関係となる。 [2] Aが甲土地を売却した意思表示に錯誤があったとしても、Aに重大な過失があって取り消すことができないか否かを問わず、BはAの錯誤を理由として取り消すことはできない。 [3] AB間の売買契約が仮装譲渡であり、その後BがCに甲土地を転売した場合、Cが仮装譲渡の事実を知らなければ、Aは、Cに虚偽表示による無効を対抗することができない。 [4] Aが第三者の詐欺によってBに甲土地を売却し、その後BがDに甲土地を転売した場合、Bが第三者の詐欺の事実について善意無過失であったとしても、Dが第三者の詐欺の事実について悪意であれば、Aは詐欺を理由にAB間の売買契約を取り消すことができる。

    Harunobu

    宅建試験対策室

    読者になる